母・藤田紀子、元貴親方離婚に言及 景子さんに感謝「息子を23年間支えてくれてありがとう」

[ 2018年11月30日 17:19 ]

<生島企画30周年感謝の集い>元貴乃花親方の離婚について語る藤田紀子(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 大相撲の元横綱で元貴乃花親方の花田光司氏(46)の母でタレントの藤田紀子(71)が30日、所属事務所・生島企画室「創立30周年感謝の集い」に出席。光司氏が元フジテレビアナウンサーの河野景子さん(54)と離婚発表後、初めて公の場に登場し、「息子を23年間支えてくれてありがとうございますという気持ちが強い」と景子さんに感謝した。

 「ずっと一緒にいるもんだと思ってましたが、それぞれ事情はありますしね」と口を開いた藤田。離婚については直接本人からは聞いておらず、テレビのニュースを見て知ったという。「夫婦には本当にいろいろありますからね。細かいことが積み重なっていくことがあるじゃないですか。私はけんかができなかったです。グッと耐えてしまった」と自身の経験を交えながら話し、景子さんに対して「息子を23年間支えてくれてありがとうございますという気持ちが強いです」と感謝の思いを口にした。そして、2人の今後について「まだ若いですから、これからの人生を歩んでもらいたい。見守っていただきたいです」とエールを送っていた。

 光司氏と景子さんは先月25日に離婚届を提出。光司氏は代理人弁護士を通じて「お互い新しい道を進むことになりますが、これからの人生をゆっくりとそれぞれの道を歩いていこうと思います。これまでの夫婦としての成り立ちを良い思い出に、卒業しようということ」と報告。

 景子さんは28日にマスコミ各社にファクスを送り「2人で話し合って下した決断です」とし、「共に歩んできた元夫への尊敬の念と感謝の心を失うことなく これからの人生を歩んで参りたいと思います」とした。

 藤田は1970年に故大関・貴ノ花と結婚。2001年に離婚し、芸能界に復帰した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年11月30日のニュース