紀平GPデビュー戦V視聴率14・2% 前4週平均から大幅8・3ポイント増

[ 2018年11月12日 11:31 ]

<フィギュアNHK杯第2日>女子フリー、高得点をたたき出した紀平梨花(撮影・小海途 良幹
Photo By スポニチ

 NHK総合で10日に放送された「2018NHK杯フィギュア 女子シングル・フリー」(後5・38〜6・45)の平均視聴率が14・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが12日、分かった。同時間帯の前4週平均5・9%から大幅8・3ポイント増。週末の夕方としては異例の高視聴率を叩き出した。

 同競技では、紀平梨花(16=関大KFSC)が2度のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させる完ぺきな演技で154・72点をマーク。合計224・31点としショートプログラム(SP)5位から大逆転で、初優勝した。シニアのグランプリ(GP)シリーズデビューVは日本選手初の快挙だった。

 一方、同じ10日にNHK総合で放送され、宇野昌磨(20=トヨタ自動車)が優勝した「2018NHK杯フィギュア 男子シングル・フリー」(後7・30〜9・45)の平均視聴率は10・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。同時間帯の前4週平均7・8%から2・8ポイント増だった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年11月12日のニュース