×

劇団四季・田中廣臣さんが肝細胞がんで死去 51歳 「ライオンキング」ザズ役など

[ 2018年9月21日 12:10 ]

 劇団四季の俳優・田中廣臣(たなか・ひろおみ)さんが20日、肝細胞がんで亡くなった。51歳。劇団四季が21日に報道各社にFAXで発表した。

 通夜は21日午後5時から、告別式は22日午後0時30分から宮崎県日向市の総合葬祭プリエール日向で行われる。

 田中さんは中央大卒業後にダンサーとして活動。2000年9月にオーディションに合格して、01年に劇団四季に入団。「ライオンキング」ザズ役、「アイーダ」ゾーザー役などを好演した。17年12月の東京・四季劇場「ライオンキング」が最後の舞台だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2018年9月21日のニュース