ひねくれ者?大泉洋「ピッタリと言われて複雑」

[ 2018年9月14日 05:30 ]

米アニメーション映画「グリンチ」の日本語吹き替え版声優の会見に登場した(左から)ロバート・秋山竜次、杏、大泉洋、横溝菜帆、宮野真守
Photo By スポニチ

 俳優の大泉洋(45)が13日、米アニメ映画「グリンチ」(12月14日公開)の日本語吹き替え版の製作発表会見に登場した。

 不機嫌で孤独な主人公グリンチ役。ひねくれ者の役柄に「ピッタリと言われて複雑」とボヤいた。米国ではベネディクト・カンバーバッチ(42)が演じ、「(彼の)演技に合わせないと本国からクレームが来る」とまたもボヤき。しかしカンバーバッチからメッセージ映像が届くと、手のひらを返して喜んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年9月14日のニュース