金子恵美元衆院議員、夫の宮崎氏にボヤキ連発 やすとも&友近がダメ出し…

[ 2018年9月10日 20:00 ]

関西テレビ「やすとも・友近のキメツケ!※あくまで個人の感想です」で爆笑トークする(左から)金子恵美氏、海原やすよ、海原ともこ、友近
Photo By 提供写真

 関西テレビ「やすとも・友近のキメツケ!※あくまで個人の感想です」(火曜後7・57、関西ローカル)の11日放送で、「女の身内への怒り」「マナー」「体のパーツ」について爆笑トークを展開する。MCは海原やすよ(42)、海原ともこ(46)、友近(45)。ゲストは吉川美代子(64)、金子恵美元衆院議員(40)、中村静香(30)とダイアン・津田篤宏(42)。

 「女性が、身内にうっすら怒っていること」。街頭インタビューでは「7割以上の女性が普段の生活の中で、イライラしている」という。「先に見たドラマの内容を話したがる」「タイミング悪く“お風呂入りや”という」など、空気を読まない母親に怒りを覚えるとの声が続々出る中、元衆院議員の金子氏が「あと5分早く出てればな〜、っとボヤく」と元衆院議員で夫の宮崎謙介氏(37)について話し始めた。「文句を言いだしたらキリがない」と話す金子は、「今、子どもが2歳半。出かける時にいろいろ子供の準備があって、やっと出られるという状況なんですが、夫は自分の準備だけ。それで、あとで渋滞などに巻き込まれると“あと5分早く出ていれば”って言うんです」と不満タラタラ。妊娠中の浮気問題で世間を騒がせた宮崎氏だけに、やすよ、ともこ、友近から「金子さんが包容力あり過ぎなんかな」「浮気したのに」「お前が言うか」とダメ出しが止まらない。さらに「ドライブ中に夫が手を差し出してくるので…」と普段、宮崎氏が、妻・金子氏にある甘えた要求をしてくると告白する。ダイアン・津田は「宮崎さんは浮気のプロ」と断言した。

 「このマナー守らん奴は非常識」のテーマでも街頭インタビュー。「傘を横に持つ奴」「スーパーで商品の桃をなでまわす奴」「トイレのフタを閉めない奴」と意見が出る。ふたを開けっ放しにするか、閉めておくかで起こった激論に、別室ゲストのダイアン・津田が「こんなに女子がトイレの話する?」とあきれた。さらに元TBSアナ・吉川が「いい歳して“お父さん”“お母さん”と呼ぶのは大人のマナー違反。いい話をしているのに“お父さん”と言われると話の内容が入ってこない。そこは“父が…”“母が…”。インタビューではがっかりします」とピシャリと言い放った。

 最後は「私のパーツ自慢!ええ○○してるやろ?」。以前に友近が「私、足が細くて白い」と自慢。街頭インタビューでは「目はかわいい」「おへそ」「皮膚が強い」などと自慢が飛び出し、笑いを誘う。金子氏は「手が大きい」と答え「握手した時に“これは任せられる手だ”と言われた」と議員時代のエピソードを披露。グラビアアイドル・中村について友近は「ほんとにスタイルいいよね。いつもいやらしい目でグラビア、見てました」と褒め、中村のさまざまなパーツを絶賛。しかし、当の中村は「私的には、胸はある程度小さい方が…」と大きい胸に関する個人的な悩みを吐露し、“最強だと思う胸”について告白した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2018年9月10日のニュース