ジョジョ 男性誌と“奇妙なコラボ” 「UOMO」表紙を荒木氏描き下ろし

[ 2018年8月17日 05:00 ]

荒木飛呂彦氏が描き下ろした「UOMO」の表紙。(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
Photo By 提供写真

 人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズの作者荒木飛呂彦氏が、集英社のアラフォー男性向けファッション誌「UOMO」10月号(24日発売)の表紙を描き下ろした。10月からアニメ放送が始まるシリーズ第5部「黄金の風」の人気キャラ、ブローノ・ブチャラティが、シリーズのキーアイテム“石仮面”を持つイラスト。ショッキングピンクのファーコートなどは、高級ブランド「バレンシアガ」のものだ。

 同誌編集部によると、バレンシアガは「洋服の既成概念を超えた、自由でファンタスティックなアプローチが魅力で、ジョジョの世界観にも通じるイメージのブランド」。今回のコラボを荒木氏に相談したところ、快諾をうけた。

 ジョジョはこれまでにもグッチやブルガリなど有名ブランドとコラボして商品を発売するなどしている。

 イラストでブチャラティが着用するファーコートや、重ね着しているように見えるレイヤードアイテムなどは荒木氏の見立て。バレンシアガの2018年ウインターシーズンコレクションから、荒木氏が選んだという。

 なおブチャラティは第5部屈指の人気キャラで、美意識が高くて服装にも強いこだわりを持つキャラクター。ブチャラティを起用したのも荒木氏で「久しぶりに描いたので、自分でも楽しかった。個人的に注目してほしいのは肘です」と、ポーズにこだわりのある同氏らしくコメントしている。

 「UOMO」10月号は、ジョジョ企画が満載。1986年の作品誕生から約30年を振り返る荒木氏のインタビューのほか、大のジョジョファンで知られる俳優ディーン・フジオカ(37)による“紙上ジョジョファッションショー”も。劇中の悪役キャラクターをイメージした姿で登場する。ストーリー仕立てで、編集部によると「ファンならきっとニヤリとする、ジョジョワールドのエッセンスがちりばめられている」という。

 ジョジョファンの著名人20人によるメッセージも。俳優の谷原章介(46)やお笑い芸人のケンドーコバヤシ(46)、乃木坂46の西野七瀬(24)、画家の山口晃氏(49)、小説家の最果タヒ氏らがジョジョ愛を語っている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年8月17日のニュース