柏木由紀 さや姉卒業で秋元氏から指原と「ババアコンビで頑張るしかない」と言われ「がんばりたい」

[ 2018年8月16日 15:13 ]

<アイア音楽ゲームアプリ「AKB48ビートカーニバル」記者発表会>(左から)柏木由紀、横山由依
Photo By スポニチ

 「AKB48」の柏木由紀(27)、横山由依(25)が16日、都内でアイア音楽ゲームアプリ「AKB48ビートカーニバル」記者発表会に出席。先月30日にNMB48の山本彩(25)がグループから卒業することについてコメントした。

 横山は「彩ちゃんとは色んなところで一緒に活動していたので、私自身は寂しさもあるんですが、彩ちゃんはNMBや48グループこと常に考えて行動していたので、これからは本人のことだけを考えられるようになるのでは、と思うとホッとする。背中を押したい。応援してます」とエールを送った。

 柏木も「さびしいな、って思います。すごくお世話になったので。歌が上手で音楽をやっていきたいっていう夢に向かってがんばってほしい」と語った。

 先日、指原莉乃(25)が山本が卒業に際して秋元康氏から「柏木と指原のババアコンビで頑張るしかない」と言われたことを告白。このことについて柏木は「27でババア扱いされるのは腑に落ちない部分もありますが、最年長ですし、秋元さん公認ならばAKBのお局ババアとしてまだまだがんばりたい」と語り、笑いを誘った。

 イベントにはほかに小栗有以(16)、向井地美音(20)、加藤玲奈(21)、倉野尾成美(17)、岡部麟(21)も出席した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年8月16日のニュース