舞台「おお振り」公式が不適切投稿を謝罪 公開した画像にセクハラと批判殺到し炎上

[ 2018年8月16日 16:27 ]

 舞台「おおきく振りかぶって」の公式ツイッターが不適切な投稿をしたとして16日、「すべてのファンの皆様、原作、ひぐち先生ならびに版元様、出演者の皆様に不快な思いをさせてしまいましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪した。すでに問題の投稿は削除されている。

 舞台「おおきく振りかぶって」はひぐちアサ氏の人気野球漫画が原作。舞台の公式ツイッターでは、前日15日に百枝まりあ役の渡辺安理(34)の誕生日を祝う様子を投稿。渡辺が演じる原作のキャラクターがバストが大きいことにちなんで、男性キャスト陣が胸を強調するポーズを取る画像を添え、「ポーズの意図、皆さんはもちろんおわかりですよねっ」とツイートしていた。

 これに対し、ファンからは「完全にセクハラ」「現場のノリなんだろうけど、ちょっと引きました」「そもそもこのツイートで何を伝えたかったのか」「原作を汚さないでほしい」など批判の声が殺到し、ツイートを削除する事態に。運営側は公式ツイッターを通じて「本日の公式配信に不適切な内容があり、削除をさせていただきました。すべてのファンの皆様、原作、ひぐち先生ならびに版元様、出演者の皆様に不快な思いをさせてしまいましたことを深くお詫び申し上げます。申し訳ございません。再発防止に向けて一層気を引き締めてまいります」と謝罪した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年8月16日のニュース