上西小百合がタレント転身 お騒がせキャラ封印も因縁の橋下徹氏に共演ラブコール 結婚は諦めモード

[ 2018年8月16日 05:30 ]

減量に成功しタレント転身を明かした上西小百合
Photo By スポニチ

 前衆院議員の上西小百合(35)が今年5月から芸能事務所に所属し、タレント転身したことを明かした。

 このほど都内で報道陣に対応。昨年の衆院選出馬を取りやめた後、個人で活動を行ってきたが「テレビなどで自分の意見を発信したいと思ったが、個人では限界があった」と説明。以前から相談していた事務所に所属しタレント活動を行っており、今後に向け「5年間の議員経験で度胸はついた。実体験に基づいて意見を言えるのが私の強み。情報番組で定期的に発信できるようになれば」と意気込んだ。

 また「いろんなことに挑戦したい。バラエティーやお芝居の仕事もさせてもらえれば」と女優業などにも意欲。事務所所属後、7月までの3カ月間で13キロのダイエットに成功したといい「少しでもキレイに撮ってほしくて」とアピール。出演したい番組を聞かれると、「いろんな世界に行ける番組がいい」と日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」やTBS「世界ふしぎ発見!」などの人気番組を挙げた。20日にインターネット番組に出演することが決まっている。

 数々の炎上騒動を起こした“お騒がせキャラ”でもあるが、今後はイメージチェンジを図る。「ソフト路線でいきたい。内面は結構、優しくていい人なんですよ。それをテレビを通じて出していきたい」と笑顔で表明。因縁の関係である橋下徹前大阪市長(49)に対しても「共演してほしい。実現すれば、私はニコニコ笑っていたい」とラブコールを送った。

 私生活では、婚約していた50代の男性と昨年末に破局したばかり。結婚について「今は諦めモード」としながらも「願望はある。イメージを良くして、いい出会いをしたい」と前向きに語った。

 ◆上西 小百合(うえにし・さゆり)1983年(昭58)4月30日生まれ、大阪府出身の35歳。神戸女学院大卒。損保会社勤務などを経て維新政治塾に参加。12年の衆院選に旧日本維新の会から出馬し初当選。15年4月、本会議欠席問題などを理由に、旧維新の党を除名処分になった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年8月16日のニュース