電撃婚の小林麻耶 芸能界引退!所属事務所との契約終了「メディアの仕事を離れ、全身全霊、家族のため」

[ 2018年8月3日 19:00 ]

フリーアナウンサーの小林麻耶
Photo By スポニチ

 7月24日に4歳年下の一般男性と結婚したフリーアナウンサーの小林麻耶(39)が3日、自身のブログを更新。芸能界を引退することを発表した。この日をもって所属事務所セント・フォースとの契約が終了。2009年3月にTBSを退社してから約9年間、所属したが、今後はメディアの仕事を離れ「全身全霊、家族のために日々たくさん働きたいと思います」と決意表明した。

 セント・フォースも久保地美晴社長名の書面で契約終了を報告。「この度、弊社は小林麻耶さんとのマネジメント契約を本日8月3日をもちまして終了することになりました。弊社といたしましても誠に残念ではありますが、本人の意思を尊重し、ここにご報告させていただきます」と麻耶の芸能界引退を発表。

 「今まで本人を支えてくださった関係者の皆様、ファンの皆様に心より御礼申し上げます。メディアの仕事からは離れることになりますが、これからも一人の女性としての小林麻耶をどうぞ温かく見守って頂けたら幸いです」と引退する麻耶を思いやった。

 麻耶は青山学院大学から03年、アナウンサーとしてTBSに入社。「チューボーですよ!」4代目アシスタント、「輝く!日本レコード大賞」進行役などを担当。TBS退社後もフジテレビ「バイキング」などで活躍した。

 「(09年に)TBSを退社してから約9年間、どんな時も支え続けてきてくれた社長、マネージャーさん達に感謝しかありません。家族のようにほっとできる事務所でした。突然の報告ではありますが、今後は大好きなメディアの仕事を離れ、全身全霊、家族のために日々たくさん働きたいと思います」と家庭に入り、芸能界を引退。ブログは「小林麻耶としてではなく、プライベートの私として書き綴って参りましたので、引き続き、皆様と触れ合う場所にさせてください」とした。

 最後は「これまでテレビやラジオをはじめメディアで私に出逢ってくださった全ての皆様に心から感謝申し上げます。ありがとうございました。そして、突然のご報告申し訳ありませんでした」と締めくくった。

 結婚は7月27日にブログで発表。歌舞伎俳優・市川海老蔵(40)の妻で妹の小林麻央さんが昨年6月に乳がん闘病の末、34歳で他界。悲しみを乗り越えての電撃ゴールインに「結婚はしないと思っていた私がまさかの結婚をすることになったミラクル。妹がいなくなり、あまりにも私が悲しみ続けていたので天国でみかねた妹からの最高のプレゼントだと感じています」とつづった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年8月3日のニュース