堀ちえみ「事故が主人でも子供でもなくよかった」運転中に後続車が追突 頚椎捻挫で入院

[ 2018年7月26日 10:31 ]

タレントの堀ちえみ
Photo By スポニチ

 都内で運転中に後方から来た車に追突され負傷し、入院することを公表していたタレントの堀ちえみ(51)が26日、自身のブログを更新。心配の声への感謝の気持ちや、現在の様子について明かした。

 24日に東京都内で自家用車を運転中、後続の車の前方不注意による追突事故に遭った。事務所関係者が25日付のブログで「頚椎捻挫と診断を受け、大事を取って数日間入院する事になりました」と発表していた。

 この日は、堀本人が投稿。「たくさんのコメントありがとうございました」と題し、多くの心配の声への感謝の思いをつづったほか、生出演が不可能になった毎日放送「ちちんぷいぷい」の関係者に向け「共演者の皆様にもご迷惑をおかけし、申し訳ない気持ちでいっぱいです」と謝罪した。

 現在の様子については「今日がピークのようで、大事をとって安静にしております」。また、家族の健康や安全が一番だとし「今回の事故が家族の中で主人でもなく、子供の誰でもなく、私で良かったなぁと心から思っています」と妻・母親としての思いも記した。

 「家族にも迷惑を掛けますが、持病もありますので、今は身体を第一に考えて、ゆっくり休ませていただきます」と堀。ファンからは「お大事になさってください」「早く回復しますように」との声が寄せられた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年7月26日のニュース