俳優の名和宏さん死去 85歳 仁義なき戦いシリーズ、水戸黄門など出演

[ 2018年6月27日 16:10 ]

 映画の仁義なき戦いシリーズなどで知られる俳優の名和宏(なわ・ひろし、本名与縄章=よなわ・あきら)さんが26日午前、腎不全のため都内の病院で死去した。85歳。熊本県出身。葬儀は近親者のみで行う。

 名和さんは日大芸術学部を卒業後、日活に入社し俳優デビュー。その後フリーとなり、東映の仁義なき戦いシリーズでは悪役の親分役などで出演、ドラマ「水戸黄門」などでも悪役で活躍した。2000年代は舞台中心に出演していた。

 2012年に都内の介護施設に入所。25日に体調不良を訴え、搬送先の病院で死去した。関係者によると眠るような最期だったという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2018年6月27日のニュース