ミステリー三冠「満願」 3夜連続でドラマ化 主演は西島秀俊、安田顕、高良健吾

[ 2018年6月11日 14:41 ]

3夜連続のスペシャルドラマ「満願」で主演する(左から)安田顕、西島秀俊、高良健吾
Photo By スポニチ

 米澤穂信氏のベストセラー短編小説「満願」が俳優の西島秀俊(47)、安田顕(44)、高良健吾(30)の主演でドラマ化され、8月に3夜連続で放送されることが11日、分かった。

 2014年に「このミステリーがすごい!」「週刊文春ミステリー・ベスト10」「ミステリーが読みたい」の三冠に輝いた短編集。その中から3作品をオムニバスドラマ化し、緻密な謎解きはもちろん、岐路に 立たされ人間の葛藤業などを精細描き出す。

 第一夜は西島主演の「万灯」。西島は業の闇に飲み込まれていくやり手の商社マンを演じる。第二夜は安田主演の「夜警」。若手巡査の殉職の謎を追う。第三夜は高良主演の「満願」。高良は若手弁護士を演じ、学生時代に世話になった下宿屋の女将が犯した殺人の謎に迫る。

 「満願」はミステリースペシャルとして、8月14〜16日の午後10時からNHK総合で3夜連続で放送。脚本は大石哲也氏、演出は萩生田宏治氏、榊英雄氏、熊切和嘉氏がそれぞれ担当。6月、7月にラオス、関東近郊で撮影される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年6月11日のニュース