音尾琢真「ブラックペアン」出演 「陸王」以来の日曜劇場「火花を散らしてきます」

[ 2018年5月20日 09:00 ]

「ブラックペアン」に出演する音尾琢真(C)TBS
Photo By 提供写真

 演劇ユニット「TEAM NACS」の音尾琢真(42)が、嵐の二宮和也(34)が主演を務めるTBS日曜劇場「ブラックペアン」(日曜後9・00)の第5話(20日放送)から出演する。大ヒットした「陸王」以来の日曜劇場出演に「熱き想いが交錯する医療現場で火花を散らしてきます」と意気込んでいる。

 第5話から最新鋭の手術支援ロボット「ダビンチ」(ダビンチ・サージカルシステム)が“ダーウィン”と名前を変えてドラマ史上初登場。音尾はダーウィン手術を専門としている帝華大付属病院の外科医・松岡仁を演じる。松岡は高階(小泉孝太郎)と同期で出世を争うライバルだ。

 同枠で放送され大ヒットした昨年10月期「陸王」で竹内涼真演じる茂木裕人が所属するダイワ食品陸上競技部の熱血監督を熱演した音尾は「『陸王』以来の日曜劇場の時間帯に帰って来ます。今度は『ダーウィンの松岡』として」とやる気満々。

 「実際の『ダビンチ』にも触れてみましたが、最新の医療技術の凄みを感じました。これだけでも一見の価値ありです」と見どころを明かし、「熱き想いが交錯する医療現場で火花を散らしてきますので、是非楽しみにしていて下さい」と熱く視聴者に語りかけた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2018年5月20日のニュース