TBS吉田明世アナ、第1子女児出産 「サンジャポ」で後輩アナが報告

[ 2018年5月20日 10:12 ]

第1子を出産したTBSの吉田明世アナウンサー
Photo By スポニチ

 TBSの吉田明世アナウンサー(30)が第1子となる女児を出産したことを、本人に代わって後輩の山本里菜アナウンサー(23)が20日、同局「サンデー・ジャポン」(日曜前10・00)で報告した。番組によると3442グラムで母子ともに健康だという。

 番組では吉田アナと赤ちゃんの2ショット写真をテレビ初公開した。19日に吉田アナを訪問した山本アナは「この間までお腹の中に赤ちゃんがいたとは思えないようなお母さんの顔になられていました。素敵でした」と笑顔で語った。

 吉田アナは2016年10月に大手広告代理店に勤める男性と結婚。17年10月29日に貧血のため「サンジャポ」の生放送を途中退席。その後、「ビビット」(月〜金曜前8・00)の生出演を月〜金曜から水〜金曜に減らした。12月3日に「サンジャポ」の生放送を2回目の途中退席。その日のうちに第1子妊娠を発表した。

 体調に配慮し、同24日に「サンジャポ」を卒業、同29日に「ビビット」を卒業し、テレビ生放送は年内いっぱいで終了。ラジオ生放送は続けていたが、今年3月26日に同局ラジオ「たまむすび」(月〜金曜後1・00)への生出演を最後に産休に入っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年5月20日のニュース