槇原敬之 都営バスと接触事故 ケガ人なし 東京・港区の都道

[ 2018年5月1日 05:30 ]

槇原敬之
Photo By スポニチ

 30日午前10時ごろ、東京都港区白金台4丁目の都道で、歌手の槇原敬之(48)の乗用車が、走行中の都営バスの側面に接触した。警視庁高輪署によると、バスの乗客乗員数人と槇原にケガはなかった。

 同署によると、槇原が路上に止めていた乗用車を発進させた際、隣の車線を後方から走行してきた都営バスの左側面に接触した。バスの車体にはこすれた跡が残っており、槇原の車も一部が破損した。

 現場は見通しの良い片側2車線の直線道路で、同署が詳しい事故原因を調べている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2018年5月1日のニュース