「ウルトラマンオーブ」の石黒英雄 4月30日をもって事務所を「円満に退所」今後は未定

[ 2018年5月1日 16:24 ]

石黒英雄
Photo By スポニチ

 俳優の石黒英雄(29)が1日、自身のブログを更新し、所属事務所のプロダクション尾木を退所したことを発表した。

 石黒は「ご報告」のタイトルでエントリー。「2018年4月30日をもちまして、プロダクション尾木を退所することになりました」と退所を報告。「これからの自分のやりたいことや方向性などを考えていこうと事務所と相談させて頂いてご理解頂き円満に退所するはこびとなりました」とした。

 「尾木社長をはじめ、事務所の皆様、関係者の皆様には 約14年間お世話になり、沢山の方と出会い、色んな経験をさせて頂きとても感謝しております」と事務所への感謝をつづるも「移籍先に関して、未だ決まっておりませんが、皆様に良いご報告が出来るよう頑張りたいと思います」と所属事務所等は未定であることを明かし。また「SNSや芸名も変わらず継続させて頂くことになりました」とSNSでの発信は続けていくといい、「これからも今と変わらずやっていきますし、新たな挑戦もしていきたいと思っております」と今後の決意をつづった。

 石黒は日本テレビ「ごくせん」(05年)で俳優デビューし、テレビ東京「エリートヤンキー三郎」(07年)でドラマ初主演。テレビ東京「ウルトラマンオーブ」(16年)では主人公を演じた。最近では、極度の潔癖症のキャラクターが注目され、日本テレビ「有吉ゼミ」等のバラエティーにも出演。お掃除に関する書籍も発売していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年5月1日のニュース