郷ひろみ母 オレオレ詐欺被害、関係者装う男に200万円渡す

[ 2018年5月1日 05:30 ]

郷ひろみ
Photo By スポニチ

 歌手の郷ひろみ(62)の母親が今年2月、郷を装った男からの電話を受け、現金200万円をだまし取られる被害に遭い、警視庁目黒署が詐欺容疑で捜査していることが30日、同署への取材で分かった。

 目黒署によると、2月5日、郷を名乗る男から、目黒区に住む80代の郷の母親に「かばんを盗まれた」と電話があった。さらに「かばんは見つかったが現金が必要だ」との電話もあり、翌6日、郷の事務所関係者を名乗る男が自宅を訪れた際、現金200万円を手渡したという。その後、郷と連絡を取ってだまされたことに気付き、同7日に110番した。

 警視庁によると、息子などの親族を名乗る特殊詐欺は、2017年度には3510件が認知され、被害総額は約79億円で、特に70歳以上の女性が被害に遭っているという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年5月1日のニュース