中山美穂 18年ぶり観客を前に歌唱 佐藤竹善とデュエット、緊張も「与えられたものはすべてやりたい」

[ 2018年4月30日 21:58 ]

「世界中の誰よりきっと」をデュエットする中山美穂(左)と佐藤竹善
Photo By スポニチ

 女優で歌手の中山美穂(48)が30日、大阪・フェスティバルホールで開かれたFM COCOLOとFM802によるライブイベント「クロス・ユア・フィンガーズ」に出演した。「Sing Like Talking」のボーカル・ギター佐藤竹善(54)と、92年のヒット曲「世界中の誰よりきっと」をデュエット。観客を前にした歌唱は18年ぶりとなり、客席の2500人を沸かせた。

 客席からの「お帰りなさい」の掛け声に「フ〜!」と応じ、「ごめんなさいね、私の緊張がうつって…皆さんが温かいまなざしで見つめてくださってます」と恐縮した。久々のライブ出演に、「何でこんなことになっちゃったんだろう。数日前から、どうしてだっけ。私歌ってたっけ、今…って」と苦笑い。「与えられたものはすべてやりたいなって気持ちが今、ものすごくありまして、こういう機会になりました…ウワオッ!」とちゃめっ気たっぷりのトークを繰り広げた。

 さらに2曲目「You’re my only shining star」の紹介MCでは緊張からか曲順を間違え、3曲目の「ただ泣きたくなるの」の曲紹介。バンドが慌てるジェスチャーでアピールすると、「違った!間違えちゃった!次の隠し球を先にやっちゃいましょう!」と軌道修正し、笑わせた。ファンの盛り上がりぶりに「みなさんの素晴らしい拍手、おうちに持って帰りたいくらいです」と感激した。

 佐藤が企画し、注目のミュージシャンらを招いてセッションなどを披露する同イベントは、今年で20回目を迎える。佐藤は、中山との初共演に「今日のイベント(の曲の中)で、家でもっとも練習した」と告白していた。

 「スターダスト・レビュー」の根本要(60)、鈴木雅之(61)らも出演した同イベントの一部はFM COCOLO「AFTERNOON DELIGHT」(月〜木曜後2・00)内で5月21〜24日の4日間にわたり放送。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年4月30日のニュース