「す・またん」お天気キャスター斉藤雪乃が結婚電撃発表!お相手は歌手・松ケ下宏之

[ 2018年4月30日 09:34 ]

結婚を発表したタレントの斉藤雪乃
Photo By スポニチ

 タレントの斉藤雪乃(32)が結婚したことが30日、分かった。同日、お天気キャスターを務める読売テレビの朝の情報番組「朝生ワイド す・またん!」(月〜金曜前5・20、関西ローカル)で発表した。

 お相手は、歌手で作曲家としても活動する松ケ下宏之(44)。斉藤は、同番組で司会を務める森たけしアナウンサー(58)、辛坊治郎キャスター(62)ら出演者らで結成されたユニット「す・またん!バンド」のメンバーだが、松ケ下もブレーン的存在として参加している。

 番組途中に斉藤は自ら口を開き、「私事ですが先日、結婚いたしました。番組がご縁で出合うことが出来、ちゃんとここで報告したかった」と話し、共演者らを驚かせた。松ケ下の好きなところについて共演者から追及されると「心が広いところ。あと、シベリア鉄道を制覇していること」と鉄道大好きな“鉄ドル”らしく説明。「このまま電車好きのまま、一生終わるんじゃないかと思っていた」という森アナを安心させていた。身内向けに22日に披露宴を行ったことも明かした。

 斉藤は女優の吹石一恵(35)らがいる芸能事務所に所属しており、関西を中心に活動。小学生時代からの鉄道好きで、大阪府吹田市在住。2015年に行ったイベントでは本紙の取材に「結婚しても吹田市で暮らしたい?もちろんです!まずは相手ですが、鉄道好きな男性を吹田で探したい」と強調していた。この日も番組で、新婚生活については「東京と大阪を行ったり来たり。私、吹田は離れません!」と“通い妻”を宣言していた。

 松ケ下は1995年に同級生の別所悠二(44)と結成した2人組ユニット「Bluem of Youth(ブルーム・オブ・ユース)」でデビュー。99年には日本テレビ系「雷波少年」の企画で「ロシア横断シベリア鉄道ストリートライブ」で約7カ月間、ロシアを旅したことがある。ユニットの活動休止後の2002年夏頃からソロで活動している。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年4月30日のニュース