クリス・ハート 活動休止前最後の単独ライブ「今後は違う形で聴いてもらいたい」

[ 2018年4月14日 05:30 ]

デュエットを披露したクリス・ハート(右)と村上佳佑
Photo By 提供写真

 今春で歌手活動を無期限休止することを発表していた歌手のクリス・ハート(33)が13日、東京・NHKホールで活動休止前最後の単独ライブを行った。

 作曲やプロデュースの勉強と2児の育児に専念するため休止を決断。開演前の取材では「あっという間のこの日。寂しさではなく何よりも温かくハッピーな気持ち」。事務所の後輩、村上佳佑(28)とのデュエットで初めて作曲した「ファンファーレ」を初披露。その際、歌詞を間違え歌い直すハプニングもあったが美声で聴衆を魅了した。「今後は違う形で、僕のメロディーを聴いてもらいたい」と涙を浮かべた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年4月14日のニュース