野村克也氏 沙知代さんが語った「履歴は100%、全部ウソでした」

[ 2018年2月16日 22:23 ]

野村克也氏と沙知代さん
Photo By スポニチ

 プロ野球楽天など4球団の監督を務めた野村克也氏(82)が16日放送のTBS「爆報!THEフライデー」(金曜後7・00)に出演。昨年12月8日に“サッチー”の愛称で親しまれた妻・沙知代さん(享年85)との思い出を語った。

 克也氏は前妻と別居中だった35歳の時に、当時38歳で2人の子供連れだった沙知代さんと都内の中華料理店で出会い、交際がスタート。世間を騒がせ、南海の監督を辞める騒動にも発展したが、その後愛を貫き結婚した。

 沙知代さんは1996年に衆院選に出馬した際、経歴詐称疑惑で騒動となったが克也氏は、このことについても「ええ格好したかったんじゃないの」と語った。

 さらに、沙知代さんが野村氏に語った過去の経歴や家庭環境などの「履歴は100%、全部ウソでした」と告白。それでも野村氏は「いい方に考えりゃ、ウソをついてでも、オレをゲットしたい、ってそういう愛情の変換で、そうなったんじゃないのかなって。そう取った」と愛おしそうに語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年2月16日のニュース