ムーミンと並ぶフィンランドの人気日本アニメ「銀牙」そのワケは…

[ 2018年2月16日 10:45 ]

「銀牙 THE LAST WARS」の15巻表紙(C)高橋よしひろ/日本文芸社
Photo By 提供写真

 1月13日に行われたセンター試験・地理Bで「ムーミン」が問題になった。物語の舞台がフィンランドか否か?などの議論を記憶している人も多いと思うが、フィンランドには、ムーミンと並ぶ人気の日本アニメがあるのをご存じだろうか。

 それは犬が主役の「銀牙」シリーズだ。記者は“ムーミン騒動”の少し前に、原作漫画を描いた高橋よしひろ氏を取材していた。戌(いぬ)年の新年企画だったが、取材はフィンランドの話にも及んだので、今さらながら紹介したい。

 「銀牙」は1983年から週刊少年ジャンプ(集英社)で連載の「銀牙 ―流れ星 銀―」に始まり、今年で35周年の長寿シリーズ。続編やスピンオフを重ね、現在は週刊漫画ゴラク(日本文芸社)で「銀牙 THE LAST WARS」を連載中。9日発売の15巻が、シリーズ通算134巻となる。

 「流れ星 銀」は「熊犬」と呼ばれる狩猟犬の「銀」が主役。奥羽山脈の暴れ熊「赤カブト」を倒すため“努力・友情・勝利”を重ねる。アニメ化もされ、北欧を中心とするヨーロッパやアジアでも放送された。

 高橋氏によると「中でもフィンランドの銀牙人気は日本以上」。現地のファンクラブに何度か招かれたそうで「熱狂的なファンがいる」そうだ。同国版コミックは続編も発売され続け、なんとミュージカル化もされた。

 それにしても、なぜフィンランドで「銀牙」がヒットしたのか?

 高橋氏は「フィンランドでは、ムーミンと銀牙くらいしかアニメ放送がなかったらしい。毎年のように流し、子どもたちの心に刷り込まれちゃったようだ」と笑って話した。

 もちろん、これは冗談と謙遜が入ったもので、理由はまだある。「実はフィンランドには、銀と同じ秋田犬に似た犬がいて、銀のように熊狩りの際に活躍していたらしい」という。調べてみると同国原産の「カレリアン・ベア・ドッグ(カレリア犬)」のようだ。

 カレリア犬は近年日本でも秘かに注目されている犬種。長野県軽井沢町では、里に降りてきた熊を傷つけずに山に追い返す“ベア・ドッグ”として飼う取り組みが行われている。その活躍は、熊が人間の生活圏に頻繁に出没するようになった各地の自治体などにとって、救いの一手となる可能性もある。

 両国の景色が似ていることが、人気の秘密という説もある。高橋氏は現地のファンから「銀牙を読むと、懐かしい感じがする。奥羽山脈とフィンランドの森が似ているのかもしれない」と聞いたという。日本もフィンランドも、世界トップ級の森林大国。ともに国土の7割が森林だ。

 ほかにも、熊の「赤カブト」を隣国ロシアに見立てて感情移入しているとの分析もある。フィンランドには、大国ロシアの脅威にさらされてきた歴史がある。

 距離も文化も遠い国という印象のフィンランドだが、犬と森、そして漫画を通じて日本とつながっているとは意外な発見。「銀牙」をセンター試験に出しても良かったのではないかと思うほどだ。

 ムーミンの作者トーベ・ヤンソンは“ムーミン谷”がどこにあるかは明確にしなかったようだ。恐らく彼女の記憶にあるフィンランドの原風景をベースにした、架空の世界なのだろう。ただ、センター試験の問題自体は作者の国籍を知らなくても解けたと思う。

 政府は今月に入り「センター試験に引用される資料は、教科書に掲載されていなければならないものではない」との答弁書を閣議決定した。来年も漫画や玩具などを資料とした設問があるのか、ひそかに注目している。(記者コラム)

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年2月16日のニュース