古市憲寿氏 小室哲哉の不倫疑惑に「そんなに違和感はない」KEIKOとは「父娘みたいな関係」

[ 2018年1月18日 08:50 ]

小室哲哉
Photo By スポニチ

 社会学者の古市憲寿氏(33)が18日、フジテレビ「とくダネ!」(月〜金曜前8・00)に生出演。この日発売の「週刊文春」で報じられた音楽プロデューサー・小室哲哉(59)の不倫疑惑について言及した。

 妻で音楽ユニット「globe」のKEIKO(45)は2011年10月にくも膜下出血で倒れ、現在もリハビリ中。小室は療養を続ける妻を支える献身的な夫として知られてきた。

 小室と親交がある古市氏は「小室さんのKEIKOさんに対する愛情は、本当だと思うんですね。もともと夫婦の愛で、KEIKOさんがご病気になってからは、お父さんと娘みたいな関係になった。そういう関係になっている中で、違う女性がいるということは、そんなに別に違和感はないというか」と持論。「(KEIKOは小室の不倫疑惑について)そんなに真剣に分かっていないのかなという気もするんですね」と推測した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年1月18日のニュース