ひふみん 11月上旬手術も「生涯で今が一番元気ですよね、きっと」

[ 2017年12月6日 20:06 ]

「平成29年度ゆうもあ大賞」表彰式に出席した林家たい平、梅沢富美男、加藤一二三・九段
Photo By スポニチ

 落語家の林家たい平(53)、将棋の加藤一二三・九段(77)、俳優の梅沢富美男(67)が6日、都内で行われた「平成29年度ゆうもあ大賞」表彰式に出席した。

 世の中に明るい話題を提供した人物に送る同賞。梅沢は「賞には縁がなかったのでうれしい」。ひふみんも「感激して喜んでおります」と笑顔を見せた。

 今年を振り返り梅沢は「あっという間ですね。年間300本テレビに出させてもらっていい年だった。一発屋芸人ではないので、来年もがんばります」と語った。

 加藤九段は11月上旬には胆石性急性胆嚢(たんのう)炎で手術、入院。「名医たちに緊急手術をしてもらってありがたいことでした」と感謝。「手術は初めてだった。万が一のこともありますので、妻や子供たちには『ありがとうございました』とけじめのあいさつをした」と告白。今は「僕の体全部検査してくださって、何の問題もないということで、生涯で今が一番元気ですよね、きっと」と話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2017年12月6日のニュース