有吉 テレビ業界の現状を嘆く「怒られちゃうが流行語」「臆病になった」

[ 2017年12月3日 08:52 ]

お笑いタレントの有吉弘行
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの有吉弘行(43)、「アンジャッシュ」渡部建(45)、カンニング竹山(46)が、3日放送のフジテレビ「ボクらの時代」(日曜前7・00)に出演。テレビ業界について語り合った。

 有吉は「今のテレビ業界は『怒られちゃう』が流行語になっちゃってる。臆病になっちゃった。嫌だなって思えば嫌だよね」と分析。竹山もうなずきながら「皆で怒られちゃえばいいのにね」と同調した。

 また渡部は「皆、夢を見てきてない」と持論を展開。有吉も「夢見ると叩かれるんだもん。『お前が何言ってんだ。なれるわけないだろ』って。昔は親ぐらいだったでしょう、夢を止めるのは」と嘆いた。

 続けて有吉は渡部に「堂々と(夢の)紅白の司会目指せばいいじゃない」と助言。竹山も「ネットニュースで『渡部、紅白司会狙う』って書いて欲しい」と乗っかると、渡部は「それしか見ない人が『何様だ』ってなっちゃうじゃない」と苦笑いだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年12月3日のニュース