武井壮 日馬批判ツイートの真意語る「暴力と指導の境目はどこ」

[ 2017年12月3日 10:40 ]

タレントの武井壮
Photo By スポニチ

 タレントの武井壮(44)が3日放送のTBS「サンデー・ジャポン」(日曜前9・54)に生出演。元横綱・日馬富士の暴行問題に言及した。

 武井は先月28日に自身のツイッターを更新し「スポーツ界だろうが会社だろうがなんだろうが立場が上の人間が暴力振るうなんてのは野蛮で低俗な行為だよ。上司や先輩なんてのは立場や経歴が上ってだけで『人としての権利が上』なんて事あっちゃならねえんだよ」と厳しく日馬富士の暴行を批判し、このツイートは1万回以上リツイートされるなど注目を集めていた。

 MCの「爆笑問題」の田中裕二(52)にツイートの真意を聞かれ「暴力と指導は違うって言うけど、その境目はどこなの」と切り出し、「じゃあその暴力が指導であると仮定して、その人の親や警察の前でも同じことができるのか。できないなら最初からしちゃいけない。伝統的なものの中だから、相撲だからよしってのはおかしい」と言葉に力を込めた。

 医師でタレントの西川史子(46)に「親の前でなら(暴力しても)いいの」と問われると「それはよくない。よくないけど親の前でもできるぐらい愛して、指導するつもりでやるのと今回(の日馬富士の暴行)は違う」と持論を熱く語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年12月3日のニュース