菊地亜美悟った?「細く長く生きるのが一番」

[ 2017年12月3日 12:57 ]

「ヒストリーチャンネル アメコミヒーロー大全」トークショーに出席した菊地亜美
Photo By スポニチ

 タレントの菊地亜美(27)が3日、千葉・幕張で行われた「東京コミックコンベンション2017」内の「ヒストリーチャンネル アメコミ・ヒーロー大全 トークショー」に出席した。

 菊地は来年の意気込みを聞かれ「毎年あれやりたい、これやりたいって言ってたが、最近は細く長く生きるのが一番だと思った」と告白。「別にみんなの一番じゃなくていい。みなさんがそんなに興味ないけど、『たまに出てるよね』くらいの感じでいいです」と明かして、会場の笑いを誘った。

 イベントにはモデルの久間田琳加(16)と共に出演。アメコミヒーローは詳しいか聞かれると「有名なのは見たことある。にわかファンなので、ハロウィーンの時に(コスプレを)やっちゃう」と話した。しかしアメコミクイズを出題されるコーナーでは珍回答を連発。「新聞記者が仮の姿でクリプトン星出身のヒーローは?」の問題には「これ、日本の(ヒーロー)かと思ってたけど…」と「ウルトラマン」と回答。答えはスーパーマンと教えられると「かぶってますね。スーパーマンとウルトラマン」と笑顔。「キャプテン・アメリカの引退理由は?」という問題には、司会者が「自分が辞めたくなる時を考えればわかるかも」とヒントを出すと「拘束時間に対して効率が悪かった。30分のロケで6時間まわし…みたいな」と自身の経験を答えて、笑いを誘っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2017年12月3日のニュース