俳優の喜安浩平が結婚&男児誕生を報告「はじめの一歩」主人公の声や「桐島部活」脚本

[ 2017年12月3日 15:40 ]

喜安浩平
Photo By スポニチ

 アニメ「はじめの一歩」の主人公・幕之内一歩役などで声優としても活躍している俳優・脚本家の喜安浩平(42)が3日、自身のツイッターを更新。結婚し、男児が誕生したことを発表した。

 「私事で恐縮です。入籍いたしましたことと、妻との間に男児を授かりましたことをご報告申し上げます。日頃お世話になっている方々には、できるだけ直接ご報告をと思い、日々機を探しながら暮らしておりましたが、完全に忘れたり、もんどりうったり力尽きたりの毎日で、いい加減ここいらでご報告させていただくこととなりました」と明かし「息子は、今秋の『田園にくちづけ』という公演の最中に授かりました。至らぬ所しかない私ですが、自覚と責任を持って、妻と息子を支え、おかしみ豊かな家庭を築いて参ります。今後もご指導ご鞭撻賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」と決意を新たにした。

 ケラリーノ・サンドロヴィッチ(54)主宰の人気劇団「ナイロン100℃」に所属。2000年には劇団ブルドッキングヘッドロックを旗揚げした。13年には映画「桐島、部活やめるってよ」(監督吉田大八)で第36回日本アカデミー賞優秀脚本賞に輝いている。

 来年1月にスタートするテレビ東京の連続ドラマ「電影少女〜VIDEO GIRL AI 2018〜」(土曜深夜0・20)の脚本も担当する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年12月3日のニュース