「ひよっこ」漫画指導・海老原優氏のイラストを公開!「乙女たちの幻の海水浴」も

[ 2017年9月21日 08:30 ]

番組公式サイトで公開された連続テレビ小説「ひよっこ」のイラスト「あかね坂商店街の人々」(C)NHK
Photo By スポニチ

 女優の有村架純(24)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「ひよっこ」(月〜土曜前8・00)で、劇中漫画「恋の初心者(ひよっこ)」を描き、ドラマの漫画指導を担当する漫画家・海老原優氏の描き下ろしイラストが21日、番組公式サイトで公開された。

 お披露目されたのは「あかね坂商店街の人々」や「向島電機の人々」を描いたイラスト。今月上旬に劇中漫画「恋の初心者(ひよっこ)」の原画を番組公式サイトにアップしたところ、好評だったため、今回の運びとなった。劇中漫画と同じく、イラストはドラマに登場する漫画家の卵・坪内祐二(浅香航大)と新田啓輔(岡山天音)によるコンビ「つぼ田つぼ助」の画風になっている。

 海老原氏は、今回のイラストを描いた経緯について「あかね荘住民一覧図は、劇中漫画『恋の初心者(ひよっこ)』のキャラクター設定表として、漫画家部屋の壁に貼り付けるために、そのラフを描いておいたものを仕上げたものです。もともとはその1枚だけだったのですが、第141話(9月13日)で、あかね坂界隈の男性たちが漫画内に登場している、してないで大モメする場面があり、きっとこの時、つぼ田コンビはそこの人たちに公平にイラスト化するよう、命令(笑い)されたに違いない!と思いました。そうなると『じゃ、みね子(有村)の前の職場の同僚たちをなぜ描かないのか』と、つぼ田コンビは思うに違いありません。それで、向島電機関係のキャラ、あかね坂界隈のキャラなども描き足すことにしました」と説明。

 今回のイラスト化にあたり、ポイントについては「つぼ田コンビがドラマ内で表現しているタッチで、各登場人物の皆さんをデザインしました。基本は、つぼ田コンビが信奉する藤子不二雄先生のタッチを基本に、同一線上にある漫画描線である、手塚治虫先生、石ノ森章太郎先生のタッチを織り交ぜたイメージです。すずふり亭コックの(井川)元治さん(やついいちろう)は『コレ人間かよ!?』と自分の絵を見て愕然とする場面があったので、最も極端にデフォルメしています」と明かした。

 また、つぼ田つぼ助の画風とは別に、海老原氏自身の画風で描いたイラストも公開。「みね子がつぼ田つぼ助のマンガを読み、涙するシーン」と「乙女たちの幻の海水浴」の2種類。「あくまでワタシ、海老原優が半分、趣味で描いたものですので、本来の私の描線です。1970〜80年代の劇画タッチ。それに海水浴イラストは、つぼ田コンビはこの手の方面では純情未熟なので、アイドル系グラビア的イラストは描けないのです!(笑い)ドラマ上は雨が降ってしまったため、乙女たちが水着を着て海水浴に行くことはなかったのですが、もし海水浴に行くことができていたら…というイラストになっています」。ドラマファンも喜ぶ1枚になりそうだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2017年9月21日のニュース