坂上忍 安室引退発表に百恵さん重ねる 引き際の美学に「カッコええ!」

[ 2017年9月21日 13:36 ]

坂上忍
Photo By スポニチ

 俳優の坂上忍(50)が21日放送のフジテレビ「バイキング」(月〜金曜前11・55)に生出演。20日に電撃発表した歌手の安室奈美恵(40)を元歌手の山口百恵さんと重ね「凄い嬉しい、カッコええ!」と感嘆した。

 番組では、20日の夜に駆け抜けた「安室奈美恵引退」の衝撃のニュースを特集した。第一報に坂上も「あまりの突然の発表で、驚きましたね。まだ40(歳)って言ったらこれから働き盛り」としみじみ。ただ“驚き”の半面、本音では「凄い嬉しくて、格好ええ!って思った」といい、「(今回の発表で)すぐに思い浮かんだのは山口百恵さん。あの百恵さんの潔さにめちゃめちゃ近いものを持っている人が今いたんだという喜び」と人気絶頂の中で引退した百恵さんの“美学”と重ね、「今の状態で引退されたら、これから出てくる人もいると思うけど、より安室奈美恵を超えるのが大変になっちゃう」と感心した。

 芸能界では引退してものちに復帰する人もいるが、「戻ってこないと思うし、戻ってこないでほしいとも思う」と坂上。「『CAN YOU CELEBRATE?』はあれ聞いた時に大好きになっちゃった。あれで世代を超えた。やっぱり名曲だよね」と安室最大のヒット曲でダブルミリオンを記録した名曲への思いを吐露。安室について「ちょっと違う次元の人」としつつ、「ファンの方々にとって悲しい出来事なのかもしれないけど、彼女の偉業を振り返れば、十分我々を楽しませてくださったんじゃないかと思う」と労った。

 安室のライブはMCがなく、ずっと歌い踊り続け、最後に「どうもありがとう、バイバイ」と言って終了するのが定番。これを引き合いに、坂上は「引退の時期が近づくと肉声でのコメントがほしいとかざわつくけど、そんなのもいらないと思う。最後も“バイバイ”でいいんじゃないですか?」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2017年9月21日のニュース