松井秀喜氏 早実・清宮を絶賛「自分の高校時代よりもいい打者」

[ 2017年7月8日 05:30 ]

テレビ朝日「とんねるずのスポーツ王は俺だ!!」で共演したとんねるずの石橋貴明と松井秀喜氏
Photo By 提供写真

 巨人やヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏(43、ヤ軍GM特別アドバイザー)が、第99回全国高校野球選手権大会(8月7日から、甲子園)出場を目指す早実・清宮幸太郎内野手(18)に熱いエールを送った。

 テレビ朝日の特番「とんねるずのスポーツ王は俺だ!!2017夏の決戦スペシャル」(17日後7・00)に出演。番組恒例のゲーム「リアル野球BAN対決」に参戦した後、とんねるず・石橋貴明(55)との対談に臨んだ。

 対談の中で松井氏は「清宮君は自分の高校時代よりもいい打者だと思います」と既に103本塁打を放っている清宮を絶賛。「僕はあんなに打っていなかったし、彼ほど注目もされていなかった。1年生の時からあれほど注目されて打ち続けるというのは本当に凄い」と手放しで称えた。

 自身の星稜高校時代の通算本塁打は60本だが、3年生の夏の甲子園では相手校にその打撃力を恐れられ5打席連続で敬遠された逸話を持つ。

 松井氏は「僕は敬遠されて初めて注目されましたからね」と謙遜しつつ笑顔。甲子園を目指して15日に西東京大会に出陣する清宮に「やはりスターが出てくると盛り上がりますから楽しみです」と新スターにエールを送った。

 プロ野球にも話が及び、「僕は個人的にどうしてもジャイアンツを応援してしまう」と心情を吐露。石橋が「何か一つきっかけがあれば波に乗れると思う」と話すと「いい流れが来れば十分に巻き返せると思う」と巨人の反撃に期待した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年7月8日のニュース