テレ東「いきなりワケあり里帰り」伊藤P渾身「泣いてください」

[ 2017年7月8日 12:00 ]

涙なしには見られない「いきなりワケあり里帰り」(左から滝沢カレン、徳光和夫、広瀬アリス)(C)テレビ東京
Photo By 提供写真

 里帰りをテーマに、家族の劇的ドラマを描く涙と笑いのヒューマンドキュメント特番「いきなりワケあり里帰り〜父ちゃん母ちゃん…あのね…実はね…〜」(テレビ東京)が9日午後7時54分から放送される。

 故郷の両親に隠している秘密がある“ワケありさん”の里帰りに密着。その勇気あるカミングアウトを後押しする。MCは加藤浩次(48)アシスタントは広瀬アリス(22)。「絶縁16年…一体何が!?青森で暮らす11人大家族が熊本の実家へ里帰り」「死んだはずの父が生きていた!12年ぶりに思い出の故郷・北海道で奇跡の再会」などを送る。

 スタジオには涙をこらえる加藤、目頭を押さえる広瀬の姿。ゲストの徳光和夫(76)滝沢カレン(25)らも涙に暮れる。

 「やりすぎコージー」「モヤモヤさまぁ〜ず2」などで知られるヒットメーカーの同局・伊藤隆行プロデューサーは「まさにコレがテレ東の番組。こんな人、世の中にいたんだ!?的な衝撃のヒューマンドキュメント。入社して22年、いつかやってみたかった番組です」と手応え。「スタジオ収録の日、『父ちゃん…母ちゃん…あのね…実はね』と告白した瞬間の父や母の言葉に、私の涙腺は崩壊しちゃいました。プロデューサーとしてはダメですね。皆さま、久しぶりに泣いてください」と呼び掛けている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年7月8日のニュース