PR:

遠藤要「闇カジノ」で謹慎 清水アキラ三男・良太郎は「検討中」

清水良太郎
Photo By スポニチ

 清水アキラ(62)の三男でタレントの清水良太郎(28)と、俳優の遠藤要(33)が「闇カジノ」と呼ばれる違法営業の遊技場に出入りしたとして、双方の所属事務所が9日、処分などを発表した。遠藤側は謹慎処分とし、清水側は仕事を辞退することも含め「検討中」とした。ともに「お金は賭けていない」としているが、闇カジノは暴力団とのつながりが指摘されているだけに、軽率な行動の代償は大きそうだ。

 10日発売のFRIDAY(講談社)が「闇カジノで違法賭博疑惑」と報じている記事を受け、この日、双方の事務所がファクスで謝罪コメントを発表した。

 同誌によると、2人は1月下旬、東京・池袋の雑居ビルにある「闇カジノ」と呼ばれる違法営業の遊技場で違法賭博をしたという。チップを手にバカラに興じている様子を写真入りで伝え、約3時間で「100万円近くの金額を賭けていたのではないか」との内容の証言を載せている。

 遠藤側は、闇カジノに足を踏み入れた社会的責任を重く受け止めるとして、「十分な反省を促したい」と当面の間、謹慎処分とすることを決めた。

 一方の清水側は「二度と起こることのないように、反省し話し合いも重ねていきたい」と謝罪。処分についての記載はなかった。

 関係者によると、清水は今月13、14日にディナーショーを予定しているほか、3月26日開幕のミュージカル「花・虞美人」にも出演予定で、疑惑を受けて会場側などから「出演を見合わせてほしい」との声があったという。清水の兄で事務所社長の友人(ともひと)氏は、辞退することも含め「検討中です。早く結論を出したい」と話した。

 双方の所属事務所によると、遠藤、清水ともに違法賭博の認識はなかったという。池袋の路上で客引きに「遊技もできて酒も飲める店」と誘われ、入店前後に「違法カジノじゃない?」と重ねて確認。店員から「大丈夫。そんな店じゃない」と言われたという。

 2人はチップと現金を引き換えることなく遊技をし、稼いだチップは店に預けた。支払ったのは飲食代を含め約3万円。しかし、次に店に行くと「金を賭けないか?」と誘われたため、すぐに退店した。清水側は書面で「初めは金銭などは賭けることなくできたので店側を信用してしまった」と説明している。

 とはいえ、暴力団とつながっているとされる闇カジノに出入りしたのは事実。これまでに築いた信用も失墜し大きな代償を払うことになりそうだ。

[ 2017年2月10日 07:51 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:07月18日11時〜12時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル