「バイプレイヤーズ」第3話は山口紗弥加が光石研と濃厚キス「唇が火照って…」

[ 2017年1月27日 15:30 ]

(左から)山口紗弥加と光石研(C)「バイプレイヤーズ」製作委員会
Photo By 提供写真

 女優の山口紗弥加(36)と俳優の滝藤賢一(40)が27日深夜に放送されるテレビ東京「バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜」(金曜深夜0・12)の第3話に本人役でゲスト出演する。

 日本映画界に不可欠な名脇役6人、遠藤憲一(55)大杉漣(65)田口トモロヲ(59)寺島進(53)松重豊(53)光石研(55)=アイウエオ順=による夢の共演が実現。全員が本人役を演じ、共同生活を送るというストーリーの異色作。中国の動画配信サイトから映画「七人の侍」リメークのオファーを受けた6人は、役作りとして絆を深めるため、シェアハウスで3カ月、一緒に暮らすことに。“おじさんだらけのテラスハウス”が始まった――。

 第3話は「バイプレイヤーとスキャンダル」。光石は連続ドラマ「W不倫の悲劇」の共演者・山口に誘われ、自宅を初訪問する。山口の手料理を堪能し、楽しい時間を過ごし、気分よく帰ろうとしたところ、突然、山口に引き留められ、まさかの展開に。光石には不倫大キャンペーン中の某週刊誌の影が忍び寄り…という展開。

 光石と濃厚なキスシーンを演じる山口は「このドラマのおもしろさは、虚構なのかリアルなのか分からなくて、どこまで本当なの?というおもしろさに尽きると思います。主演の皆さんは演技も達者な方々ばかりなので、私も今回ご一緒させていただいた光石さんに危うく恋をするところでした!今回、光石さんと2回キスするシーンがあったんですけど、終わったら唇が火照っていてヒリヒリするんです。これって、恋をした時の痛みなのかもしれない!っていう妄想をしてしまいました。キスから始まる恋もあるかもしれませんね」と笑いながら振り返る。

 「私も22年この仕事をしてきてますけど、現実か虚構か分からないという状況に、ここまで追い込まれたのは初めてかもしれません」と貴重な撮影だった様子。「光石さんが本番で『はい、OK!』っていう声がかかった後に『これ本番なの?本番だったの?』とおっしゃっていて、みんな訳が分からないままやっているっていう不思議な雰囲気の現場でした」と光石の戸惑いも明かした。

 滝藤は「1年前 『ワンシーンでいいから(監督の)松居(大悟)君の作品に出してよ』とお願いしたら本当にワンシーンで呼んでいただけました」と笑いながら「『主役で』と言っておけば良かった…。バイプレイヤーの、意地とプライドを懸けて頑張ります!」と張り切っている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年1月27日のニュース