あのバツイチ2世タレント「離乳食はフォアグラ、おやつはキャビア」

[ 2017年1月27日 21:16 ]

三船美佳
Photo By スポニチ

 タレントの三船美佳(34)が、27日、関西テレビ「快傑えみちゃんねる」(金曜後7・00)に出演。父である故・三船敏郎さんとの思い出や子どもの頃のエピソードを語った。

 「離乳食はフォアグラだったって本当ですか?」と質問が飛ぶと、「そうなんです。やわらかいから。父が、歯がなくても食べられるからって」と笑いながら肯定。三船さんについては「珍しく父と外食できる時があって。子供だったので、マクドナルドがいいって言ったんです」。オープンカーで商店街を抜けて駅前のマクドナルドへ。ハンバーガーのほか、デザートにシナモンアップルをねだった美佳。「なんだ、変なシナモン(品物)だな」と定員さんにまさかのオヤジギャグを言ったのが、とても恥ずかしかったと振り返った。テイクアウトで家に帰ると、三船さん自ら人数分の皿をセッティング。ハンバーガーの周りにポテトもあしらって、皆そろってナイフとフォークで食べたという。

 学校の送り迎えはロールスロイス。校門の幅より広くて恥ずかしいと“苦情”を言うと、「MGというイギリスのオープンカーにして。それも恥ずかしかった」という。帰り道には近所の高級スーパー「成城石井」本店で、おやつを買うのが日課だったといい「アイスのピノと、キャビアが大好きで。いつも、鍵のかかった高い棚にあるのを、店員さんが白い手袋をして取ってくれるんです」。買って帰った1つ数万円のキャビアは、瓶のままスプーンですくって食べていた。「いつも、宿題しながら。でも、キャビアが紙に付くと、しみになって取れないんですよね〜」とあっけらかんと話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2017年1月27日のニュース