西川史子 サンジャポ復帰で健在「大丈夫」病気理由は「ペットロスや更年期」 

[ 2017年1月8日 10:00 ]

昨年11月のイベントに出席した西川史子
Photo By スポニチ

 昨年12月1日に急性胃腸炎のため東京都内の病院に入院していた医師でタレントの西川史子(45)が8日、TBS「サンデー・ジャポン」(日曜前10・00)に復帰。生放送番組への出演を再開し、休養後、メディア初登場となった。

 番組冒頭から画面右上のワイプで笑顔。元気な姿を披露した。

 現在は実家におり、体調は「大丈夫」と強調。体調不良の理由については「いろいろありますが、ペットロスだったり、更年期とかも関わっていると思います」とし「もうサンジャポに戻してもらえないと思っていたので、やさしい言葉を頂いて感謝しています」と頭を下げた。

 休養中は「私なしでも十分おもしろかったです。ただ、問題点には気付きました。コメントの切れがよくないといけないとか。ワイプの顔とか、VTRとか、いろいろなことに」と“毒舌”は健在。裏番組のフジテレビ「ワイドナジョー」(日曜前10・00)とザッピングし、研究していたという。

 司会を務める爆笑問題・太田光(51)は「クスリは抜けましたか?」とツッコミ、笑いを誘った。

 入院後はテレビのレギュラー4番組などへの出演を見合わせ、休養。所属事務所によると、西川はサンジャポの前に既に数本の番組収録に参加し、仕事復帰はしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2017年1月8日のニュース