小野健斗、所属事務所を離れて頑張る決意「目標は帝劇に立つ!です」

[ 2017年1月8日 21:18 ]

俳優の小野健斗
Photo By スポニチ

 俳優の小野健斗(27)が8日、自身のブログを更新。昨年12月7日に所属事務所の有限会社レイネットが破産手続きの開始を決定したことにより、今後の活動がどうなるか注目されていたが、「もちろん俳優活動は続けていきます!新しい気持ちで、地道に努力を重ね頑張っていきたいと思います」と、新たな決意で頑張っていく旨を報告した。

 小野は「2017&ご報告」と題してエントリー。「2017年1発目の舞台は初恋モンスターでその次は花・虞美人。少し連続していますがよろしくお願い致します」と告知をした後、「そして皆様にご報告があります」と、改めてつづった。

 「有限会社レイネットを離れさせていただく事になりました。もう既に知っている方もいるとは思いますが、諸事情によりご報告遅くなってしまい誠に申し訳ありません。いきなりの事で僕も戸惑いを隠せない状況が続いていたのですが、今は大丈夫です。ご心配なさらずに 今だけではなく前からですが皆様からの応援が僕の励みとなっています」と、所属事務所の破産というショッキングな出来事を前に、多くの励ましの声があったことを明かした。

 そして、「もちろん俳優活動は続けていきます!新しい気持ちで、地道に努力を重ね頑張っていきたいと思いますので、今後とも応援よろしくお願い致します。ブログ、ツイッター、インスタグラムもこのまま引き続きマイペースに更新しますのでよろしくお願いします!」と、今後も変わらず俳優として活動していくことを力強く語った。

 さらに、「2017年も皆様に少しでも恩返しできるよう頑張ります!そうだな、目標は帝劇に立つ!です笑 さて、ここから。おれがんばる。 ちゃんちゃん」と、目標を定めて明るく締めくくった。

 小野は雑誌のモデルを経て、2006年に舞台「ミュージカル・テニスの王子様」で俳優デビュー。NHK大河ドラマ「功名が辻」にも出演。テレビ朝日系「天装戦隊ゴセイジャー」でハイド・ゴセイブルー役を演じた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2017年1月8日のニュース