香川京子 溝口監督への思い語る「お芝居の根本を教わった」

[ 2017年1月8日 05:30 ]

溝口健二監督の思い出を語った香川京子
Photo By スポニチ

 女優の香川京子(85)が7日、東京・角川シネマ新宿で開催中の「溝口健二&増村保造映画祭 変貌する女たち」でトークショーを行った。

 溝口監督の没後60年、増村監督の没後30年を記念した企画。ベネチア国際映画祭で銀獅子賞を受賞した溝口監督の「山椒大夫」と「近松物語」(ともに54年公開)に出演した香川は「芝居は頭で考えたんじゃいけない。その役に成りきれば自然に体も動くはずだ。そうお芝居の根本を教えていただきました。“近松物語”は私の一番大切な作品です」と語った。映画祭は26日まで。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2017年1月8日のニュース