川嶋あい 生後半年で実母死去、10代で養母も…2度天涯孤独も歌を支えに成功

[ 2016年11月30日 22:26 ]

川嶋あい
Photo By スポニチ

 歌手の川嶋あい(30)が30日放送のテレビ東京「わたしはワケあり成功者~ドン底からの逆転学~」(後9・00)に出演。波乱万丈な人生を明かした。

 03年2月のデビュー曲「明日への扉」が大ヒットした川島だが、幼いころから波乱万丈な人生だった。86年に福岡で生まれたが、実母が半年後に病院で亡くなる。実父は生まれる前から所在不明で、生後半年で天涯孤独に。3歳で児童養護施設に入り、養子として川島家の家族になる。養父は建設業の社長で一軒家で養母と3人で温かい生活を送った。川嶋は人見知りを克服するために養母が通わせてくれた音楽教室で歌手になる夢を見つける。

 だが、養父が肝臓がんで亡くなり生活は一変。幸せな思い出が詰まった一軒家から小さなアパートへ移り住んだ。養母のために川嶋は13歳で演歌歌手になるも全く売れず、苦難の日々が続いた。だが夢を諦めずに上京した川嶋は路上で弾き語りライブを続け渋谷公会堂で歌うチャンスをつかむ。

 必死に成功を目指した川嶋に最大の悲しみが襲った。歌手になることを誰よりも応援してくれた養母が亡くなってしまう。「(訃報を)電話で聞いたのですが、本当に衝撃的でした。あの瞬間は。なんで…という思いで」。2度目の天涯孤独になった川嶋は打ちひしがれたが、スタッフに支えられ養母が無くなってから2カ月後に03年2月に全国デビューを果たす。「明日への扉」が90万枚を超える大ヒット。同年8月20日、養母の命日に渋谷公会堂デビュー。「生きている間に親孝行できなかった」が天国の養母に愛する歌をささげた。

 現在30歳の川嶋は家族にもらった“愛”を支えに被災地復興チャリティーや発展途上国での学校建設など社会奉仕活動に尽力している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2016年11月30日のニュース