さんま NHKに“復帰”「クビになった」あの番組の秘蔵映像も

[ 2016年11月24日 20:48 ]

NHK「第1回明石家紅白!」に出演した明石家さんま(C)NHK
Photo By 提供写真

 お笑いタレントの明石家さんま(61)が、24日放送のNHKの音楽特番「第1回明石家紅白!」で30年以上ほぼ出演のなかったNHKに“復帰”した。

 冒頭「NHKに、久しぶりに出ましたけども」と切り出すさんま。「さんまさんが司会をすると、『紅白歌合戦』以上にすごいゲストが集まる」と言われたと説明しながら、「…ピコ太郎お前かい!」。いじられたピコ太郎は、苦笑いしながら会釈して「さんまさんが、今、NHKにいるんですね…」と感慨深げに見つめると、「まあ、ろくなことないんですよ、NHK…と」。

 1983年、同局の名物番組「クイズ面白ゼミナール」に出演中にあくびをしたことで視聴者からクレームが殺到、本人いわく「NHKをクビになった」といういきさつがあった。今回、秘蔵映像としてその番組映像を公開。“その場面”ではなかったものの、27歳の初々しいさんまがクイズに答える様子が放送され、「今の、かわいらしかったですねぇ」と自賛しながら、「ほんで、大竹しのぶさんと出会って、こんな人生になったんですよ」と笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年11月24日のニュース