大竹しのぶ 紅白の隠し玉!歌手40周年イヤーに初出演

[ 2016年11月24日 08:00 ]

昨年12月のレコード大賞でも歌った大竹しのぶ
Photo By スポニチ

 大みそかの「第67回NHK紅白歌合戦」(後7・15)の出場歌手が、24日午後に発表。女優の大竹しのぶ(59)がサプライズで選出された。

 今年の紅白の隠し玉は、大竹しのぶだった。女優としての活躍は誰もが知るところだが、ミュージカルを中心に歌手としても評価が高い。普段のアンニュイな雰囲気とは一転、太く低い歌声と情感たっぷりの表現力で聴く者を引き込んでいく。NHK関係者は「圧倒的な表現力を国民的番組で見せてほしかった」と抜てき理由を説明した。

 NHKは以前から歌手・大竹に注目しており、昨年は「SONGS」で特集。先月4日の音楽番組「うたコン」では、大竹が中島みゆきの名曲「時代」を歌い上げた。歌手デビューは1976年で、今年は40周年イヤーの節目でもある。

 2月にエディット・ピアフの生涯を描いた舞台「ピアフ」に主演し、「愛の賛歌」や「ばら色の人生」などのシャンソンも歌った。初の紅白のステージで、どのような曲を歌うのかも注目だ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年11月24日のニュース