「キャッツ」大阪公演舞台公開 たこ焼き器や阪神応援バットも

[ 2016年6月28日 08:10 ]

報道陣に公開された劇団四季「キャッツ」大阪公演のセット。たこ焼き器など“ご当地ゴミ”がそこかしこに

 7月16日に大阪四季劇場(大阪市北区)で開幕する劇団四季ミュージカル「キャッツ」大阪公演の舞台装置が27日、メディアに公開された。

 同演目ではおなじみの上演地に合わせたゴミのオブジェには、たこ焼き器や阪神タイガースグッズなど15種類以上の“ご当地ゴミ”を客席横の壁などに装飾。そのうち阪神応援バットは03年まで上演された前回の大阪公演では飾られておらず、今回が初登場となる。

 舞台監督の福永泰晴氏は「客席に足を踏み入れた途端、ネコになったような錯覚を覚える舞台装置は大事な演出のひとつ。ゴミ捨て場にいる猫の目線を味わって」とPR。大阪での同演目上演は13年ぶり4度目で、来年3月31日までの公演延長が決まっている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年6月28日のニュース