NEWS楽団融合57人オケ 新曲「四銃士」はクラシックポップス

[ 2015年11月24日 05:30 ]

 NEWSが、クラシック音楽をポップス風にアレンジした新曲「四銃士」(25日発売)の発表イベントを23日、都内で行った。

 原曲は作曲家ラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」。イルミナートフィルハーモニーオーケストラの西本智実氏=写真=が編曲を担当した。手越祐也(28)は「ゲームの音楽はクラシックベースが多い。ゲームの世界に入り込んで、主人公になった気分」と笑顔を見せた。

 小山慶一郎(31)は「会議室で原曲を聞かされて、まさか、僕らの曲とは思わなかった」と語った。「ジャニーズの中でも、これまでにない曲だと思う。新しい僕らを見せたいです」と意気込んだ。

 この日はイルミナートフィルハーモニーオーケストラの57人と共に曲を披露。小山は「クラシックとポップスが融合した瞬間を見せられた」と満足げ。加藤シゲアキ(28)は「エネルギッシュで、今のNEWSにしかできないパフォーマンス」と自信を見せた。

 「四銃士」は、グループ初のDVDシングルでのリリースとなる。増田貴久(29)は「この曲の持つ世界観を映像で見てほしいという思いから、MV(ミュージックビデオ)を入れました」と説明。「衣装や振り付けなど、男のかっこよさを表現できるように、こだわりを持って撮った」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年11月24日のニュース