「民王」が4部門独占!高質ドラマ選ぶ「コンフィデンスアワード」

[ 2015年10月16日 04:00 ]

「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」主演男優賞を受賞し笑顔の遠藤憲一

 国内の「質の高いドラマ」とその出演者らを表彰する「第1回コンフィデンスアワード・ドラマ賞」の各賞が決定。7月期の地上波ドラマとWOWOWの23作品を対象とした全7部門のうち、テレビ朝日系「民王」が作品賞など4部門を独占した。

 ドラマに関わる有識者とマスコミのテレビ・ドラマ担当者(計20人)の投票と、オリコングループの視聴者満足度調査の結果を集計して決定した「質の高いドラマ」を表彰。第1回となる今回の作品賞には現職総理大臣と出来の悪い息子の心と体が入れ替わるという、池井戸潤氏の人気小説を深夜枠でドラマ化した「民王」が選出。同作品は遠藤憲一(54)、菅田将暉(22)が主演男優賞、高橋一生(34)が助演男優賞、脚本家の西荻弓絵氏が脚本賞に選ばれ、4部門独占となった。

 主演女優賞はフジテレビ系「探偵の探偵」でダークヒロイン役に挑戦した北川景子(29)が、助演女優賞は日本テレビ系「ど根性ガエル」に登場するカエルのキャラクター、ピョン吉を、声だけで演じきった満島ひかり(29)が選出された。新人賞にはTBS系「表参道高校合唱部」に主演した芳根京子(18)が選ばれた。

 【受賞者の喜びのコメント】

 ▼主演男優賞・遠藤憲一 賞をいただくなんてことはそうそうなく、まして菅田くんとのW主演で獲れたことをうれしく思います。役者さんみなさん素晴らしく、めったに生まれない作品。そういった作品で賞が獲れて感謝感激です。

 ▼同・菅田将暉 ドラマで賞をいただくことは1つの目標でもありましたし、しかも遠藤さんとともに賞をいただけたことがとても嬉しいです。

 ▼助演男優賞・高橋一生 このような評価をしていただけたこと、光栄に思います。皆さんのお陰でいただけた賞だと思います。

 ▼主演女優賞・北川景子 「探偵の探偵」はスタッフ、キャスト一丸となってチャレンジし続けた作品。クルーを代表してこの賞を受け取らせていただきたいと思います。

 ▼新人賞・芳根京子 まさかという感じです。この作品に出会えて心からよかったなと思います。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年10月16日のニュース