元朝青龍が激白、現在も「相撲ラブ」日本人横綱誕生は「まだない」

[ 2015年10月16日 21:35 ]

元横綱・朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジ氏

 大相撲の元横綱・朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジ氏(35)が16日放送のフジテレビ「ダウンタウンなう」(後7・57)に出演。現役時代の一連の騒動について“真相”を告白するとともに、現在の角界についても熱く語った。

 ダグワドルジ氏は「ダウンタウン」の浜田雅功(52)と松本人志(52)、ヒロミ(50)が店を回ってハシゴ酒を敢行し、ゲストとトークを繰り広げる“本音でハシゴ酒”企画に登場。この日のためにモンゴルから来日したという。

 現役時代は数々の“不祥事”を起こした同氏。横綱在位中の07年7月、腰の疲労骨折などを理由に夏巡業を欠場したにも関わらず、モンゴル帰国時にサッカーに興じていたことが大きな問題となったことには「痛かったんですよ。ちゃんと治そうと思って夏巡業休んで、頑張ろうと思っていた。ギリギリ骨折前だった」と当時を振り返りつつ「モンゴルに帰ったら子供のサッカーイベントがあって。子供があれだけ来てて(僕は)国のヒーローじゃないですか。そうするとやっぱりやりますよ」と釈明。また、引退につながった2010年の泥酔暴行騒動には「殴ってないですよ」などと語った。

 一方、今も「相撲ラブですよ」という同氏。現在の大相撲の取組について「小さい人間が大きい相手を倒すとか、なんか“ワッ”という風にしないといけない。すごい相撲が最近あまりない」と残念がった。そして今後、日本人横綱が誕生する可能性についても言及。「まだ、ない」と言い切った上で「遠藤に期待してると思うが、相撲がデカ過ぎる。頭ぐらいつけて行けって。同じ体型のやつとやる時も昔の貴乃花さんみたいな相撲を取るわけよ。無理。勝てないよ」などと熱くアドバイスを送っていた。

 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年10月16日のニュース