「オトナ女子」初回視聴率は9・9% 篠原涼子2年半ぶり連ドラ主演

[ 2015年10月16日 10:00 ]

「オトナ女子」の主演を務める篠原涼子

 女優の篠原涼子(42)が2年半ぶりに連続ドラマの主演を務めるフジテレビ「オトナ女子」(木曜後10・00)は15日、15分拡大でスタートし、初回の平均視聴率は9・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが16日、分かった。

 40歳独身の中原亜紀(篠原涼子)が主人公の連続ドラマ。亜紀と、2人の同年代女性(吉瀬美智子、鈴木砂羽)が、駄目な男性に振り回され、傷つけ合ったり、励まし合ったりしながら幸せをつかもうと奮闘する大人のラブストーリー。

 初回は「恋愛アプリ」を手掛ける会社で働く亜紀は、しっかり者だが、恋愛では相手に尽くし過ぎ、なかなか幸せをつかめないでいる。心を許せるのは、同い年で独身の友人・萌子(吉瀬)とみどり(鈴木)だけだった…という展開だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2015年10月16日のニュース