ブラマヨ小杉、ハリウッド俳優と“ヒーハー!”巡り激論「パクられた」

[ 2015年9月15日 19:42 ]

映画「アントマン」のジャパン・プレミアイベントに出席した小杉竜一

 お笑いコンビ・ブラックマヨネーズの小杉竜一(42)が15日、都内で行われたマーベルコミックのヒーロー映画「アントマン」(9月19日公開)のジャパン・プレミアイベントに出席。十八番ギャグの“ヒーハー!”を巡り、ハリウッド俳優にパクリ疑惑を突き付けた。

 小杉は、アントマン役の米俳優ポール・ラッド(46)が劇中で“ヒーハー!”と叫んでいる様なシーンに触れて「自分はこのギャグ一本槍でやってきた。これは完全にパクられた。来日したらひと悶着あると思った」と憤慨。それでも来日したポールと対面するや「ポールさんの優しい人柄を見た時に、ヒーハー!は俺のものじゃないと思った。完全にポールさんのもの。快くヒーハー!を送り出したい」と一転、譲渡の構えを見せた。

 するとポールは「違うよ、ヒーハー!は小杉さんのものだよ。映画は小杉さんへのオマージュだよ」と粋な返しをきかせ、大喜びの小杉は「アントマンは最高の映画です、ヒーハー!」と本家版をここぞとばかりに披露。ところが「あかん、力み過ぎて完全に声が裏返った。ハー!でブルブル震えた」とポンコツぶりを露呈し、気を利かせたポールの「ラーメン、お寿司、ヒーハー!」には「え!?ヒーハー!って言ってくれたで」と体を揺らして大興奮していた。

 冴えない人生を送るスコット・ラング(ポール)が、アリのように小さい1.5cmのヒーロー・アントマンとなって、人生のセカンドチャンスをつかむ様を描く。内田有紀(39)がアントマンの指南役でヒロインのホープ、溝端淳平(26)がアベンジャーズの一員になったファルコン、小杉がスコットの親友・ルイスの声を務める。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2015年9月15日のニュース