NHKツイッターが謝罪 安保法案めぐる日曜討論ツイートに批判

[ 2015年9月15日 11:42 ]

 13日に放送されたNHKの報道番組「日曜討論」の担当者が、番組公式ツイッターで、安全保障関連法案をめぐり「反対意見って理解しにくいのに、賛成意見はすごく頭に入りやすい」などと書き込み、批判を受けて訂正と謝罪をしたことが15日までに分かった。

 安保法案に関し有識者が出席して意見を聞く番組。ツイッターの書き込みに対し、法案に反対する意見は理解が難しく、賛成意見は理解しやすいと受け取れるなどとして、インターネット上で批判が相次いだ。

 その後、ツイッターは「自分の意見と違う人の意見は耳に入りにくく、同じ意見だと理解しやすいという意味で書いた」と説明、誤解を生んだとしておわびの文章が書き込まれた。

 また同番組で法案に反対した首都大学東京の木村草太准教授の発言をめぐり、ツイッターが「採決について『機は熟している』と言い切ったのが印象的」と書き込んだことにも批判が続出。ツイッター上で「否決し廃案にするしかない」との木村准教授の主張をあらためて伝え、誤解を生んだと謝罪した。

 NHK広報局は「今後は、誤解などが生じないように努めていきたい」と話している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2015年9月15日のニュース