国分太一が結婚会見 きっかけは腫瘍手術「心身ともに助けてもらった」

[ 2015年9月15日 11:25 ]

ジャニーズファミリークラブ会員に届いた国分太一からのお知らせ「この度、私国分太一は結婚することとなりました。」

 元TBS勤務の女性(38)と結婚したTOKIOの国分太一(41)が15日、MCを務めるTBSの情報番組「白熱ライブ ビビット」のスタジオで結婚報告会見に臨み、結婚を決めたきっかけとして09年に手術した際に「心身ともに本当に助けてもらった」ことを挙げた。

 会見冒頭で「関東から東北まで大雨にあわれました方にこれ以上被害が広がらないように」と東日本豪雨の被災者を気遣い、「私、緊張しておりまして、皆様のお力で盛り上げていただけたら」と緊張の面持ちでコメントした。

 国分は09年頃にデスモイド腫瘍が見つかり、摘出手術を受けた。「お腹を20センチ切った。デスモイドという腫瘍。筋肉が再生することはない。」「気持ち的に落ちていたので、勇気づけてくれて感謝してます」 と当時を振り返り、「その時に今後結婚という方向にいけたら、と言う気持ちがありました」と結婚の意思が芽生えたことを明かした。婚姻届は6年後となったが、「『TOKIO20周年』という自分の夢を取って、それでも妻が待っててくれて感謝しかない」と笑顔で話した。

 お相手の女性は目鼻立ちのはっきりとしたスレンダー美女。2005年に仕事を通じて知り合い、08年5月に友人関係から交際に発展。国分自身が09年3月に女性誌で交際を告白した。10年末に女性が勤務先のTBSを退社。関係者によると、既に結婚の意思を固めていたという。

 11日に「ビビット」出演前に、2人で都内の区役所を訪れ、婚姻届を提出。番組終了後、結婚報告会見を開く予定だったが、東日本の大雨被害を考慮して延期した。

 国分は15日も「ビビット」に生出演。前日の14日には番組内で「私、国分太一は結婚しました。結婚を機にもっと仕事を頑張り、心に伝わるコメントをたくさんしていきたい」と決意表明していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2015年9月15日のニュース